FC2ブログ

創作サークル:夢想苑(VisionaryGarden)

一次創作サークル「夢想苑(VisionaryGarden)」の活動ブログ。R-18作品も取り扱う為、未成年はブラウザバックお願いします。

≫ EDIT

【弾丸財宝】第十二話「生還者」を投稿しました。

作業場仕事場がエアコンの真下にあると極端な温度になって逆に居心地が悪いという感覚が分かる人はいますか?
私は職場の都合でこの季節でも暖房が使えず、家の作業スペースは暖房直下で頭がぼんやりしがちです。
それでもなるべく誤字脱字は減らしていきたいのですがこの前は書いてる途中から文章まるごと無かったなんてミスを犯したので、やっぱり編集さんとかいたら良いのになと思ってしまいました。

好きなPSO2はアル君の夢想曲です。早くパートナーカード実装してくださいSEGAさん


本日は昨日の告知通り、18時頃に廃世のストレンジ・サバイバー ~弾丸財宝の噂~の第十二話「生還者」を投稿致しました。
怪我をして横浜ヴィレッジに戻ってきたステアー達は諦めること無く弾丸財宝の噂を再び追い始め、噂となっている弾薬庫から生還したという男の噂を追ってシスター・アイクチやバヨネットの手を借りて漸く生還者の居所を掴んだステアー達は遂に弾丸財宝の在り処を知る。
しかしそんな二人を妨害しようとする魔の手の片鱗も垣間見え、本格的な弾丸財宝を巡る戦いの始まりを予感させる。
そんなお話です。

色々お話も終わりに近づいてきました。と言っても後7話位は続く予定なので、完結は来年になりそうですね……。

不定期更新なので、また更新できる前日に告知致します。
これからの冒険もお楽しみに。



夢想曲




スポンサーサイト



| 活動報告 | 19:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【弾丸財宝】第十二話の投稿について。

三連休を三連休として過ごせた方はどの位いらっしゃるでしょうか。私は二連休でした。
最近の流行病ではありませんが私は風邪をひいてしまい折角の休みをあまり気持ちよく過ごせませんでした。重い風邪とかだとこれで仕事が休めるラッキーぐらいの事を思ってしまいますが風邪が長引いて休日も怠いままだと悔しくなります。
やはり健康が一番です。手洗いうがいはサボらずに続けていきましょう。

好きなロックマンはロック・ヴォルナットの夢想曲です。

さて、少し間が空きましたが弾丸財宝もいよいよ後半に突入です。
予定より文章量が増え、完結予定話数が伸びてしまったのですがその分没入感のある内容になってたら良いなと思います。

十一話から再びステアー視点に戻り、振り出しに戻った弾丸財宝の噂の情報を収集するために足で稼ぐ情報収集の基本から始めたステアーと理緒の二人は最近になって弾丸財宝の噂を広めだした男の存在を知り、その男を探して横浜ヴィレッジを歩き、ヴィレッジ内の事なら大抵の事を知っているという教会の現責任者、シスター・アイクチの元を訪れました。シスターはステアーに対し友好的であったがその反対に噂の男の行きつけの店の店主は一筋縄にいかない様子。そんな中現れたのはなんとバヨネットだった。
そんな感じのお話でしたが第十二話ではとうとう噂の男と対面します。
弾丸財宝の噂をステアーよりも前に調べ、そして噂の弾薬庫を見つけ、生還した男。
その男からうまく情報を引き出せるのでしょうか。
第十二話「生還者」は明日、11月24日(火)の18時頃に手動更新予定です。

今作は特に締め切りを設けない不定期更新のスタンスにしましたがなんだか筆の乗りが良くなった気がします。
これが前作を書ききった経験値から来るものなのか締切が無く気が楽になっているからなのかは分かりませんが個人的には更新頻度が上がって良い感じだなと思っております。

そしてもう一つご報告。
先日、廃世のストレンジ・サバイバーにレビューが書かれました!
書いてくださった方ありがとうございます!
私のような零細執筆者にとって一人から感想やレビューを頂ける事は本当に奇跡のようなもので、大変名誉な事であります。
そしてレビューを書かれると作品のPVが確実に増えるので確実に効果はあります。
「自分なんかが書いてもなー」と思わず、是非感想やレビューは書いて頂きたい。
感想やレビューは個人的に励みになりますが、それ以上に宣伝効果として作者本人が宣伝するよりずっと効果があります。
毎日ギリ二桁しかアクセス数がない作品がレビューを書かれた翌日にアクセス数が三桁に乗るとかあります。読者の声は確実に力になります。
その他、TwitterでのRTや引用RTによる作品への評価やファンアートもそれを頂けた日はやはりアクセス数に影響があります。
声を出して人にオススメしてくれる人、筆を執り好きを形にしてくれる人、それぞれの行動が作品を人に届ける結果を生んでおります。
本当にありがとうございます。
これからも支えてくれたら幸いです。

それでは明日の更新をお楽しみに。



夢想曲




| 活動報告 | 17:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【日常】猫カフェ行ってきました。

※今回は創作関連の話はありません。興味の無い方は読まなくても大丈夫です。

落ち葉が目立ち、裸の木も目立つようになってきましたね。
本格的に寒くなり家の中でも暖房がないと足元が冷たくて辛い今日このごろ、寒さ対策はどうしていますか? 私は安くて購入した電気で温かくなる膝掛けが数ヶ月で壊れてげんなりしております。炬燵とか欲しくなります。

好きな猫キャラは井上トロ(どこでもいっしょ)の夢想曲です。

ブログのカテゴリに「日常」というものを作ったくせに最早形骸化していたのでたまには日常の出来事でも書こうかなと。
先日、というか昨日、相方が猫カフェに行きたいと言うので付き合うことになり、某所の猫カフェに行ってきました。
保護猫カフェであり、猫のエイズに罹患してる子ばかりの場所でした。
人間には伝染らないのですがくしゃみ鼻水等でお召し物が汚れる場合がございますと入店前に言われましたが最後まで服は汚れませんでした。(流石に毛だらけにはなりましたが)
20匹以上の猫がいる猫カフェ、私は人生初の猫カフェ体験でした。
それどころか、実は人生で初めて猫を触るという体験をしました。
実際に猫を見ること自体は野良猫を見たりしてますが、触ったことはなく、私の実家は犬しかいなかったので本当に実際に触るのは初めてでした。
90分コースで入ったのですが、一瞬でしたね。瞬く間に90分が経過してしまいました。何かを眺めてるだけで90分消費するとか映画館でも行ってたのかって感じですね。
眺めてるだけで写真を撮るのを忘れてしまい数枚しか撮れませんでしたが猫のお裾分けという事でここに貼っておきますね。(フラッシュ焚かなければ撮影OKのお店でした)

桜井撮影クリーム

入店から帰るまで寝相を変えながらずっと寝ていたクリーム猫。時々仰向けになって変ないびきをかいてました。ガチ寝ですね。

桜井撮影サバトラサバトラ青サバトラ

サバトラ三連星(赤首輪・青首輪・首輪なし)
首輪なしが凄い大人しく、撫でられたりしてもされるがままでした。
よくネットで猫が撫でられると嬉しい場所嫌な場所ってのが図で紹介されてますが猫によって全然違ってて、お腹を撫でられて気持ちよさそうに伸びる猫や、頭を撫でられて耳をビクつかせて抵抗する猫等いました。

桜井撮影茶トラ

結構やんちゃだった茶トラ。
座りながら毛繕いをしてるせいで下半身がペンギンみたいになってました。
他の客の玩具に飛びついてたり、触られてにゅるんと体を波打つように動かして避けたり動きが奇妙な子でした。

桜井撮影盲目子猫キジ白1キジ白2

両目の無いキジ白の子猫。
盲目だから嗅覚が鋭いのか、本当に盲目か?と思うほど自然に動き回り、色んな所の匂いを嗅いで歩いてました。
実は今回、この猫カフェに来て自分は猫にあまり好かれないっぽい事が分かったというか、20匹近くいるのに自ら近寄ってきて体をくっつけてくれた猫はこのキジ白君だけでした。
入店して直ぐに新しく入ってきた匂いが気になったのか来客一人一人の匂いを確認して回ってたこの子、匂いを確認し終わったら直ぐキャットタワーの上で寝ちゃってたのですがドリンクタイムで退室後に再び入室、すると部屋の端から真っ直ぐ私の方に向かって歩いてきました。
何やら猫って部屋の間取り等も視覚ではなく嗅覚で覚えるほど鼻に頼ってるとかなんとか。
私の匂いを覚えていたのでしょう、私の方へ真っ直ぐやってくるなり服の匂いを嗅ぎ、膝の上に乗ってきたりしてその後ずっと私の側で寝ていました。
相方曰く波長が合ったんじゃない? とのこと。
猫触るのも初めてな自分には分かりませんがそういうのがあるんでしょうかね?

エイズに罹った猫は体力が弱まり、疲れやすくなるとの事。
なので今回の猫カフェは猫がみんな大人しかったです。
他の猫カフェだと猫が縦横無尽に駆け回り、バタバタしてるらしいので猫カフェデビューには丁度いい場所だったのかなと思いました。
飲食する場所と猫の居場所が別々なのですが、飲食スペースには卒業(引き取られた)猫のアルバムが置いてあり、それを見て楽しんでました。
保護猫しかいないと聞いてて最初は失礼な話ですがブサネコだったり重病や欠損のある子ばかりなのかなと思ってましたが普通に普通というか、寧ろ美人さんが多いなとアルバム見てて思いました。

保護猫カフェは里親を募集していますが私の家は借家な上、動物を養えるほど余裕のある生活をしていないので飼えませんが、このご時世ちょっとでもこういう施設にはお金を落としておかないとなと思いました。
こういう場所に限らず、オタクの方は分かると思いますが推しは買い支えの精神は実際大事だと思います。

そんな感じであっという間の90分を楽しみ、帰宅。
初めて触った猫の感触は不思議で、犬と違ってなんというか、毛がふわふわしてて、撫でようと思うと沈み込むような、ふにゃっとした体の柔らかさに驚きました。
猫は液体と言いますがなるほどなと。

また個人的に珍しい体験とかしたら記事にしたいと思います。
読んでくださった方ありがとうございました。



夢想曲

| 日常 | 15:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【弾丸財宝】第十一話「口伝を辿って」を投稿しました。

人の集中するスイッチとは何処にあるのか。そんな事を考えております。
音楽を聴く、何か飲み物を飲む、気合を入れてみる、とりあえず席についてみる、色々人によって集中する為の準備がありますね。
よく聞くのは〝とりあえず始めてみる〟というやつですね。
ウダウダしてても仕方ないのでとりあえず始めてみる。すると自然に物事に集中し始めるというものです。
あれ、自分は駄目でした。とりあえず始めてみた所でどうしようどうやろうってなってしまって悶々としてしまいます。
全く何かに集中できない病気とかそういうのではないのですが、どうも集中するための準備の準備ができないと駄目っぽいです。そうするとじゃあ何をしたらいいのだろう? となってしまうわけです。
貴方は何かに集中する時、何をしていますか?

好きなポケモンはグレイシアの夢想曲です。

昨日記事にしました通り本日の18時に廃世のストレンジ・サバイバー ~弾丸財宝の噂~の第十一話を投稿致しました。
原稿自体は昨日出来上がっていて予約投稿という形を取らせて頂きました。
第十一話のタイトルは「口伝を辿って」になります。
今回から再びステアー視点での話に戻りました。
理緒の視点でのお話は後一回くらいあるかな? といった感じです。
ビャクライから受けた傷によって倒れたステアーは目を覚まし、再び弾丸財宝の噂を追います。
振り出しに戻ったとは言え噂は噂。人の口に戸は立てられないと言います。
今話題のネタなんてものは何処に行っても聞こえてくるもの。
ステアーは噂を流している人間を探して奔走します。
次回の投稿予定は未定です。今月中には更新できたら良いなー位に思ってます。

ブログの次回の記事ですが投稿前の宣伝ではなく、本日実は猫カフェに行く機会がございましたのでその事について書いてみようと思います。
久々に日常の記事ですね。
作家の日常に興味の無い方はスルーしてください。

そんな訳で本日の更新報告は以上となります。
次回の更新をお待ち下さい。



夢想曲





| 活動報告 | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【弾丸財宝】第十一話の投稿について。

気づけば11月も半ばになりつつあり、あれ、2020年短すぎではと思ってしまう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
保湿に気を使わねばならない時期ですね。空気が乾燥して肌荒れだけならまだしも痒みが気になって仕方ありません。
元々体はあんましよくない(大病を患った事はない)のですがストレスを感じるとすぐ胃痛や頭痛に苛まれるのですがこの時期は更に肌の痒みとも戦わなければならないので集中が切れる切れる。
快適な環境づくりをしたいですね。

好きなにじさんじは鈴木勝くんの夢想曲です。

さて前回、弾丸財宝十話から少し間が空きましたが第十一話がぼちぼち書き終わりそうなのでこの記事を書いております。
そしてその第十一話は明日、11月14日の18時頃更新予定です。
ビャクライから受けた傷によって眠っていたステアーは遂に目を覚ます。
休んでられないと直ぐに活動を再開するも弾丸財宝の捜査は振り出しに戻ってしまった。
どうしようかと考えている時、ステアーは横浜ヴィレッジに広まりだした弾丸財宝の噂を直接耳にする。
ステアーは噂を広めだした存在に近づくことが出来るのか?
次回「口伝を辿って」は明日投稿予定です。
よろしくお願いします。

何時に帰ってこれるか分からない用事が入っている為、今回は予約投稿にしようかなと思っています。
正直、予約投稿ってしたくないんですけどね。他の予約投稿の作品と同時に更新されて更新順で流されていくので……。このブログみたいに何分かも指定できたら良かったのですが。(それやったらそれやったでみんな投稿時間ずらして間延びするだけか……。)

不思議なものでやらなくちゃと思うと筆が進まず、ぼんやりしていると突然集中力が出てきて一気に書けちゃったりする事があるので、自分の集中できる環境を探っていきたいです。
それでは最新話をお楽しみに。



夢想曲




| 活動報告 | 18:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT